Tetsuya Kumazaki

WOODY PORTFOLIO

ついに青森!ねぶた祭り!!

2018/08/07 AM6:00

少し寝て、パソコンで作業するつもりだった。
ネットカフェでは過去、毎回風邪をひくし、よく眠れないという経験しかしてない。
だから僕は3時間程で目覚めるだろうと目覚ましをかけずに寝た。

あー、もうそろ起きるか。。、
って6時やんけー!!!!!

と慌てて起きて、ブログだけ更新をし、歩いて25分程かかる秋田駅を目指して出発をした。

昨日は大雨でめちゃくちゃ寒かったのに、今日はカラッと晴れていて、東海や関東と比べて、湿気が少なく、とても気持ちよかった。

この感覚何かに似てるなあ。。
幸せなやつ。

と考えた結果、晴れた卒業式の朝の涼しい感じと一緒だこれ、同じ気温湿度に違いないと1人で感動していた。

セブンでコーヒーを買い、昨日寒かったから履いていた長ズボンを半ズボンに変え、涼しい風を感じながら幸せだなあと思っていた。

無事電車に乗り、弘前、青森と進んでいく。

ここまでが非順調すぎて、ふつうに晴れてふつうに進むだけで嬉しい。

あとは、人が少ないのが良い。
絶対将来住むなら田舎だと思った。

*田舎の車窓から
IMG_4728

弘前駅に着き、乗り換え待ちの時間に朝買っておいたサンドイッチとおにぎりを食べた。

サンドイッチのハムと玉ねぎとマヨネーズの組み合わせによる美味さに感動しつつ、おにぎりを食べている時に前にこんなものがあって、ほっこりした(笑)

*むすび丸(らしい)

*弘前駅

そして、ついに待ちに待った青森駅に到着!

*青森


ねぶたの昼の運行は13:00-15:00だ。

カメラの設定を合わせて、準備完了。

そして、ついにねぶた祭りが始まった。
ここまで来るのに本当に大変だった。

和太鼓の音が鳴り響き、ラッセーラ〜と掛け声が聞こえてきた。
風が涼しく、空は綺麗に晴れていた。
ねぶたが近づいて来る。
ねぶたの周りには子供からご老人まで様々な人達が踊ったり、ねぶたを押したりしていた。

活気があっていいなあ。。。
和太鼓のリズムが心地よい。。

少し、体育祭を思い出したりもした(笑)
何か重なったのだろう。

*ねぶた

午後のねぶたを撮り終えて、次は夜の花火とねぶたの海上運行だ。

とにかく、青森湾の付近で夜はやるみたいだが、寒すぎる。
夏だから半袖短パンのけっこう通気性いいやつ着てるのはミスった。。。

また長ズボンに履き替えた。

そして、夜の花火とねぶた海上運行が始まった。

ただ、有料チケット席でないと、遠すぎる距離だったし、花火もちょびちょび上がっているので、やりにくかった。。。

*夜の海上運行と花火
IMG_4752

これは夜、普通に運行してるねぶたをまた観に来るしかないと思った!

でも、昼のねぶたは気温とか天気とかで凄い幸せ感じたし、良かった!!

諦めなくてよかった、、、

さあ帰るぞと思ったが、電車が22時頃にしかこない。
今日もシャワーはお預けだ。

あと、少し気になったのが、青森の方言だ。
遠目から聞くと外国訛りに聞こえて、あ、凄い日本語話せるんだなあ、と思ってみるとめっちゃ日本人だった、というのがけっこうあった。

方言も日本各地あって面白いな!!!

そんなこんなで大館駅というところに11時過ぎに到着したが、めっちゃ田舎で寒い。

しかも乗って来た電車が最後だったらしく、しばらくすると消灯し、駅の周りは暗闇だった。

さらに、駅のトイレに行った時、洗面台に血がついていた、、、
さらに怖くなった。。。

頑張って明かりのある方へ歩いていき、カラオケを見つけ、そこに入った。
AM4:00までだそうだが、始発は6時過ぎだからまた大変だ。。。

だけど、後は帰っていくだけだ!!
ファイトオオオ!!!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ
にほんブログ村

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2021 Tetsuya Kumazaki

テーマの著者 Anders Norén