Tetsuya Kumazaki

WOODY PORTFOLIO

世界一周で使った機材紹介【バックパッカー×映像クリエイター必見】

世界一周に行きたいけどせっかくだし映像に残したいと思うんだよね。。。

よし、動画を撮りながらバックパッカーとして旅に出ることにしようか!!

でも、長旅になるかもしれないからあまり沢山機材を持っていくのは大変だな…
こんな時はどんな基準で機材を選べばいいの?

まず初めに、信頼して頂ける実績として自己紹介を。

僕たちウッディとソイは2018年9月~2019年9月の1年間で26ヵ国をバックパッカー兼ユーチューバー(ウッディは動画クリエイターも兼ねる)として旅しました!

YouTubeにアップした動画は約200本、ウッディが作ったシネマティック動画も約50本になります。

数々の動画を制作する中で気づいた点も沢山ありますので、是非機材選びの参考にしていってください☺️

【前提】

1,長旅で荷物を軽くしたい。

2,なるべく動画の質は保ちたい。

3,YouTuber又は動画クリエイターとして旅がしたい

上記の3つの前提で紹介しますね!

【YouTube撮影機材紹介】

(例) YouTuberとしての動画

まずはYouTubeの撮影で役立つ機材から紹介していくよ!

【長旅でのYouTube撮影について】

特に、海外での撮影は日本での撮影と比べて「防犯」を意識する事が多いと思います。

最近流行りの「VLOG」を撮影する人の中でも「ミラーレスカメラ」に「JOBYのゴリラポッド」と「マイク」を装着して自撮りするスタイルの方が多いです。

しかし、YouTube撮影でシネマティックな表現をする必要がない(企画物など)のであればiPhoneで十分です。

iPhoneでいいんだ!
それなら誰でも簡単にできそうだね!

iPhone

なぜiPhone??

え、クオリティが落ちちゃうんじゃ、、、?

最近のiPhoneはそこら辺のカメラよりオススメできるカメラなんだよ!

【カメラ性能】※iPhone11proの場合

細かな性能についてはここでは省きます。笑

ざっくり言うと、高画質でF値が1.8~2.4というプロ並みのレンズで写真が撮れますし、動画も手ぶれ補正付きで4K60FPSで撮れます。

ちょっと待って、F値とか60FPSとか謎。笑

例えばF値の値が1.8だとかなり被写体を写す時に背景がボケます。

ボケる事でよりプロっぽい写真になります!!

動画も、4KはHDの動画の4倍綺麗ですし、60FPSだと2倍のスローモーションにしても滑らかな映像表現ができます。

ちなみに4Kで60FPS、レンズもF1.8~2.4で一眼レフだと総額100万円近くなる物もあるし、かなりゴツくなって重たかったり、写真は撮れなかったりと旅には向いていない事が多いよ!笑

iPhoneは10~20万でかなりいいカメラを備えていて、コンパクト!

さらに、航空券や宿のブッキングや電話、チャット等もできて旅にはもってこいの機材だったのです!!

もう1つポイントとしては、防水な事!

他のアクションカメラと同様水中も撮影できます!

※ちなみにフジモンキーズはiPhone7で撮影していました。笑

でもiPhone意外にも候補ないかな?
スマホは盗まれたら大変だしさ!

だったら、DJIのOsmo Pocketがいいかも!

DJI Osmo Pocket

とにかく小さくコンパクト手振れが全然しない!!

このカメラは名前にポケットとつく様に、ポケットに入る小ささが売りです。

ちなみに4K60FPSで撮影できるしF値も2.0です。

ただし、防水ではないので水中撮影はできません!

広角で撮影できるので自撮りをした際にも、周りの情報を多く取り入れる事ができます!

DJI史上最も小さい3軸メカニカルジンバルによってスムーズな映像を撮れるので、思い出もより綺麗に残せます!

これなら1人での撮影もしやすそうだし、iPhoneよりは防犯を気にせずに使えそう!

iPhoneを海外の人前で使うの怖いなあと思う人はOSMO POCKETはいいかもね!

YouTube撮影機材ポイント

・コンパクトですぐに取り出して撮影できる

・iPhoneで十分撮影できるが、高額なので不安ならOSMO POCKET!

【シネマティックな動画撮影の機材紹介】

(例) 動画クリエイターとしての作品

動画めっちゃカッコいいね。笑
これを作るにはかなり高いカメラがいるんじゃ…

ミラーレスカメラ (sony a6500)

僕は基本Sony a6500で撮影してたよ!
ミラーレスで軽いし、性能もいいからね!

質量はバッテリーとメモリーカードを含めたもので約450グラム

写真は約2420万画素でRAWで撮影ができるので綺麗です!

Sony a6500のRAWで撮影、Lightroomで編集

動画は4K30FPS、HD120FPSでの撮影ができるので綺麗に撮影できて、スローモーション撮影も可能です!

ちなみに専門的な事を言うとS-Logでの撮影ができるのでカラーグレーディングも綺麗にできます!

なるほどなるほど…
カメラ本体は分かったけどレンズは??

ズームレンズ (SONY E 18-105mm F4)

※前提としてよりプロっぽい映像を撮りたい方はF値が1.4~2.8程度の単焦点のレンズを沢山持っています!

僕はF値が4でもズームレンズで良かったなと思ってるからその理由を説明するね!

【旅では予想外の出来事が起きるので対応できる様にしたい】

散々F値が低いと良い!と言ってきましたが、僕は長旅をする人にはF値が低くなくてもズームレンズを選ぶべきだと思います!

F値が低いレンズは大体単焦点レンズです。(ズームレンズもありますが値段が高いのと、ズームできる距離も短いです!)

単焦点ではズームできないので自分が動く必要があります。

確かに、F値が低い短焦点レンズだとボケの多いシネマティックな映像表現ができますが、裏を返せばその分ピントを合わせるのが大変という事でもあります。

又、大自然を撮る時や広くボカさずに撮りたい時も多いので旅中では必ずしもF値が低ければ良いという訳ではないのです!

紹介したソニーのレンズなら1本で27mm-160mm(フルサイズ換算)のレンズになるので広角から望遠まで対応できます!

オートフォーカスも早いので一瞬のシャッターチャンスも逃しません!

Sony a6500ならコンパクトだし、写真も動画も本格的にできて、旅に向いてるんだね!

その他のオススメミラーレスカメラ

GH5もSony a6500と並び、かなりコンパクトで高性能なので選択肢の1つになるカメラです!!

Sony a6500では液晶パネルが前方を向く事はできませんでしたが、a6400はVlogやYouTubeでの撮影で自撮りの需要が増えた事で、液晶パネルを前方に向けられます!

自撮りもよりシネマティックな画にしたい方向けです!(GH5も!)

GoPro

これはもう紹介する必要がないくらいだね笑
僕ら2人ともお世話になってた機材!!

圧倒的に旅向けなカメラGOPRO

Fuji MonkeysはウッディがHero5を、ソイがHero6を使ってました!

どんどん進化していくGoProは確実に必要になるカメラですね!

特に、砂漠や水中、危険な場所などの観光地で活躍します!

また、YouTubeやVlogの撮影に大活躍するのでこれ1つあるとかなり安心して旅できます。笑

Hero7からはスタビライズ機能が付いたり、音声も向上していたりするので有難いですね!笑

DJI OSMO Action

GoProキラーとなりうるアクションカメラ!

これは先ほど紹介したOSMO POCKETと同じDJI社のカメラです!

特徴としてはGoProの様に様々な環境に対応できる使いやすさとコンパクトさ、性能の良さがあります!

4K60FPSや最大8倍スローモーション、レンズの横に液晶パネルが付いているため、自撮りもしやすいです!

値段もGoProよりも安いのでオススメです!

DJI Mavic air

本当に小さいのに性能も良くて、かなり助けてもらった機材だから本当にオススメ!
世界一周って一生に一度だから、せっかくなら美しい世界を空からも覗こう!

より本格的な撮影を考えている方は、「Fly Moreコンボ」を買うと良いでしょう。バッテリー、プロペラの予備が2つずつ他が付いています。ただ、その分荷物も増えるので判断が難しいところです。

僕は通常の物を買い、バッテリーをもう1つ購入しました!

性能としては「4K30FPS」「2.7K60FPS」で動画撮影ができますし、写真もRAWでの撮影が可能です。

ただ、1つ惜しいのが、Log撮影機能が無いところ。

DJI社のカラーグレーディングは自然な綺麗さがあって、十分といえば十分なのですが、自分で色味を工夫したい人には惜しい点かもしれませんね。

他にもDJI社のドローンは沢山ありますし、最近はMavic miniという最小の物も出てきました。

ですが、強風の観光地もありますので、小さすぎるのは危険です。かと言ってMavic proはリュックに入れるにはデカすぎる。

なのでMavic Airが最強のバックパッカードローンなのです!

僕らの旅でオススメできる機材はこんな感じかな!
1年間、世界各地を旅して、時にはかなり過酷な環境にもいたけれど、無事、故障もなく帰ってこれたので最強の機材リストだと思うな〜!

あ、ちょっと待って!
撮影ばかり気にしてたけど、データ管理はどうするの??

【旅中のデータ管理について】

まず、基本的にここもYouTuberやVlogerと動画クリエイターでは旅中のデータ管理のオススメも違ってきます。

「YouTuberはクラウドで管理!」

オススメなのはiCloudやAmazonプライムのAmazonフォト等のクラウドサービスで有料プランを選択して、動画も高画質でバックアップを取っておく事です。

これならもしiPhoneで撮影したデータが紛失しても安心できます!

しかし、動画クリエイターはそうはいきません。ドローンやゴープロ、ミラーレスカメラで超重量級のデータを扱うのですから!!

「動画クリエイターは外付けHDD!」

MacBookやその他のPCの内蔵メモリではすぐに要領オーバーになります。そこで登場するのが外付けのハードディスクです!!

紹介したHDDはいずれも旅で使用した物と同じ物です!

かなり揺れのあるバスやバンでの移動、度重なる飛行機での移動や宿での保管にも耐えてくれたので安心できます!

気になるのは容量ですよね??

1TB? 2TB? 4TB?

旅に出る前、どのくらい容量が必要なのか分からず、2TBと4TBを1つずつ持って行ったよ!

1年間かなり撮影した方でしたが、最終的に使用した容量は2TBも行きませんでした。

なので、同じ撮影データを2つのHDDに保管していました!

これでもしも1つHDDが壊れても、もう1つあるので安心です!

【結論】2TBのHDDで十分!

値段も安価で、コンパクトなので買いですね!!

【補足】ノートPCのオススメは??

はっきり言って、動画をそこまで考えていない方はデータ管理はオンラインで管理すれば良いし、写真や動画編集、ブログ更新ですら携帯でできる時代なのでノートPCは持って行っても鉄の塊となるでしょう。

とは言ったものの、僕は本格的な編集をしたいし、YouTubeの更新もあるのでノートPCは必要でした。

ポイントとしてはやはり質量と機能。(できればデザイン性。笑)

僕はMacBookのデザインが好きです。笑

おいおい、それは個人の好みじゃないかという声が聞こえてきそうですが、旅中は暇な時間も多いですし、どうせならモチベーションがあがるPCが良いじゃないですか!笑

本当だったら、プロセッサが〜とかメモリが〜とかGPUが〜とか言いたい所ですが、旅では盗難の被害に合う可能性だってありますし、コンパクトさが正義です。

まあ容量は外付けのHDDがあるので無視でいいです。

紹介したMacBookはクアッドコアと言って、デュアルコアのものよりも処理能力が高いのでサクサクです!

タッチパネルもあるし、値段もそこそこなので買いやすいと思います!

MacBook Pro欲しい〜笑
旅中は2人ともデュアルコアのMacBook Airで頑張ってたな〜笑

いかがだったでしょうか??

是非、バックパッカーで世界を旅しようとしている方々の参考になれば幸いです。

また是非遊びに来てください☺️

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 20代 自分らしさへ
にほんブログ村

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2021 Tetsuya Kumazaki

テーマの著者 Anders Norén