Tetsuya Kumazaki

WOODY PORTFOLIO

ジンベエザメと泳いだ!コロン島とセブ島。

2018/09/24の昼過ぎにブスアンガ空港に到着し、パウロが予約してくれたホステルのバンがきているので、それに乗り、30分くらいで、APO PENSIONというホステルに着いた。
とにかく、道が荒くて、バンが揺れまくっていたから、気持ち悪くなった。

コロンに着いて、直ぐに海だあ!!という気分だったが、全く海を感じなかった。
その日は朝食べてから全く食べずに移動しまくっていたので、本当に疲れていた。
フラフラしながらも、相方と物価について話しながら夕飯を探し、結果は25ペソのバーガーと50ペソのポテトを山分けで済ませた。(1人100円くらい)

※コロン島のハンバーガー

マニラでジャック達がご馳走してくれていたご飯に比べて物凄く安かった。ジャック達が少し背伸びをしてもてなしてくれていた事が分かり、恩返しをしたいと強く思った。
その日泊まったホステルはWi-Fiが弱くて、個室だったけど何となく好きになれなかった。
次の日はWi-Fiの強い所を予約し、移動することにした。ドミトリーだったが、共有スペースでの編集ははかどるので、それを期待していた。
次の日、お腹の減りすぎとファストフードが原因で、めちゃめちゃフラフラしつつ、Happy Camper Hostle に着いた。

※ホテルの様子

ひと休憩し、楽しみにしていた共有スペースへ行ったが、まさかの工事中だった。笑
ブッキングドットコムのレビューにWi-Fiが強いとあったが、おそらく共有スペースでの話だ。ベッドからはめっちゃ弱い。笑
まじか、、、と思いつつ、その日は海に行って見ることにした。
海辺には高床?で海上生活をしているところがあったり、コロン島からいろんな場所へボートが出ている事が分かった。

※港近辺の様子

26日には、ツアーを申し込んでみた。
そんなに長居はしないので、ツアーで回った方が効率がいいと思ったからだ。
朝8時にホステルの前にバンが来て、そこから港へ。すでに雨が降ったり止んだりしていた。
船が動き出す。ガイドはみんな優しい。英語で次に行く場所を教えてくれていた。
1箇所目は、海の両端に崖がある場所で、ハイキングをして、奥のスポットで泳いだりした。旅が始まって初めての海で気持ちよかった。ドローンや、カメラで映像も撮れて、満足だ。
2箇所では、とにかくスイム。
3箇所目で、ランチだったが、スプーンがなく、手づかみで食べ、手を海水で洗い、映像を撮った(笑)
4箇所目がラスト。またまたスイム!
1日中遊んだツアーで、2,000円くらい。
相方が終わり側にお釣りの関係でトラブルがあったが、そこはお金の管理の問題なので、今後気をつけるしかない。。。

※ツアーの様子はYouTubeで!!

27日は1日中編集をしていた。
相方がお腹を壊し、1日寝ていたのが印象的な日だ。健康第一で旅を続けたい。

28日はコロンのホステルをAM5時に出て、空港へ。お腹が空きすぎて、バンが揺れすぎて、たまにふいにバロット(卵をギリギリまで孵化させたやつ)を食べたことを思い出して、リアルに吐きそうになりながら着き、飛行機でセブ島へ。
バスや徒歩でなんとか、ホステルに着いた。
一応、セブのショッピングモールを探索したが、やはりコロンよりも栄えていて、逆に物足りなさを感じたりした。
その日に泊まったホステルは、1泊500円くらいの格安で、もちろんエアコンなしで、シャワーは水しかでない。最近は水でシャワーに慣れてはきたのだが。。。
近くにジョリビーという、フィリピンの安いファミレスみたいなのがあって助かる。

29日、AM3時にジョリビーへ行き、朝ごはんを食べた。理由はツアーに参加するため。
4時にはセブの街をでて、さらに南に3時間ほど、オスロブタウンという所まで車で向かった。そこにはAM11時までジンベイザメがいる。憧れていた、ジンベイザメと一緒に泳ぐことを実現させにきたのだ。無事に9時ごろには着き、ジンベイザメと泳ぐことができた。
自分のすぐ1メートル先にジンベイザメがいて、横や下を泳いでいた。水を大量に飲み込んでいた。純粋に感動した。
ランチを済ませて、バイクで次はカワサンフォールという滝を目指すCanyoneeringというアクティビティをしに行った。
ヤシの木や、ココナッツの木が並ぶ南国をバイクで走り、川に飛び込んだり、スライディングしたり、、、最高だった。自然が好きだ。
1番高い飛び込みが15メートルあり、相当怖かったが、最高だった!!!
ちなみに1人このツアーで8,500円程したが、やりたい事に関しては仕方がない。。。

※ジンベエザメとカワサンフォールのツアー

帰り道はラッシュと重なり、時間がかかった。バイクに5人乗りや、ノーヘル、扉開きっぱなしのバスや、ジープという乗り物も後ろで人が引っ付いて乗っている。日本の交通のすごさを感じたが、なんとなくこの感じが好きだとも思った。

9月最後の日は、初の日本人宿へと移動した。
日本人しか泊まっていない為、情報収集ができる為だ。
そこまではジープを使った。(1人20円くらい)

※移動の様子

もう既に、2泊し、気に入ったので、最後までここにいることにした。
セブの様々な企画をやっていきたいと思う。

今までと違って、日本人の方と繋がれるのがメリットだ。
1泊1200円くらいである。(Transit Guest House)

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2021 Tetsuya Kumazaki

テーマの著者 Anders Norén